銀色プリズム~フィギュアスケートメモ帳~

日々思ったことやフィギュアスケートやスポーツのことなどちまちまと。フィギュアスケートは主に男子シングルのこと:羽生結弦選手を応援していますが、他に好きな選手たくさん。アイスダンスとペアも好き。

ネイサン君のインタビュー。  


今はまっているもの。。。。それは節約。。。

ジェイムズ・ちいこは節約街道ばく進中。

特にドコモユーザーなのでdポイントのポイント還元に血まなこですwお年寄りがいるためにドラッグストアで買い物をすることが多いので、案外いいんですよ、dポイントの還元率。貯まったポイントで支払ったために、2ヶ月間日用品の支出がゼロとかもありましたよう。

なにせ四大陸選手権に行く予定になりまして汗、また母の補聴器を買うことになり、これまた高価なのでせっせと節約じゃ!
ちなみに補聴器は本人が嫌がってもなるべくした方がいいそうですわ。。。。認知機能が落ちやすくなるそうで。
最近の補聴器はハウリングもほとんどなくて技術の進化に驚きです!(10年ほど前のはピーガーが凄かった)
迷っている方には早めにおすすめしたい。わたしももっと早く買えば良かったと後悔ですわ。。。とほほ。

うん、それにしても節約にしても家事にしても介護、看護にしても、それだけの時間の余裕がないとできないわけで。
前の仕事の状態のままだったら、補聴器を買う時間も考えつく心の余裕もなかったぞ。それでますます手遅れになったかもしれない。

長期間残業は百害あって一利なし

と声を大にして言いたいぞおおおおおおお!


そういうわけで(?)手短に書きますが

ちょっと話題のネイサン君の文藝春秋のインタビュー記事を読みました。


「羽生結弦が僕を高みに連れていく」最大のライバル、ネイサン・チェンの告白。


有料部分も気になりましたけど、前述したとおりジェイムズ状態(節約)なので200円だけどやめもうした。

私はイエールではフィギュアスケートを誰も知らない、あのユズルのことも知らない、という部分は特に何も思わず。。。アメリカでフィギュアスケートが人気がないのは有名な話ではありませんか。実際かえってアイスホッケーがマイナーになっている日本でアメリカやカナダ、ロシアのアイスホッケーのスーパースターの名前を知っている人がどれだけいるんだろう?私も知らないw
体操だって、日本では内村君は有名だけど、女子体操のGOATと言われているアメリカのシモーネ・バイルズ選手の名前を知っている人はあまりいないのでは。

ということでここは当たり前という感じでスルーです。

それよりも気になったのは、ネイサン君のこのフィギュアスケートへと試合への向き合い方、考え方ですわ。

今はいいけど、TOYOTAやナイキなど大口のスポンサーが多数ついているらしいネイサン君。

プレシーズンまでは通常どおりでしょうが、オリンピックシーズンに様相がガラッと変わってくると思うのですがのう。

そのことを世界の頂点をボイタノと競争して身をもって知っているのがオーサーコーチなんですよね。。。だからオリンピックシーズンは他のシーズンとは別物。オリンピックシーズンであるということを目を背けてはいけない、と本にも書いてありましたよな。

女子でも男子でもビギナーズラックでの優勝が多いのは、あまり期待されずにプレッシャーが軽減されていた、というのが大きいでしょう。

クーリックがそうですし、ある意味ライサチェックも、タラ・リピンスキーも、サラ・ヒューズも、荒川静香さんも、ソトニコワもそう。

違う例が女子はキム・ヨナ、男子はヤグディン、トリノのプルシェンコ、ソチの羽生君、平昌の羽生君ですね。

で、違う例の方々を見ればわかりますけど、この方々は闘鶏ですか?
と言いたくなるほど闘争心を剥き出しにしながらリングに上がるボクサーのように演技をする選手なんですよね。。。動物的といいますか、生存本能、生命力が極めて強い人達、という印象です。
アニマルなエレガンスがあるんですよね。

なんかこう、、、ネイサン君の取組方を読んでいると、言葉は悪いですが失敗した時の別の道をあらかじめ用意しているような印象ががが。頭で考えているというか。。。インテリジェンスは感じるんですけど、動物的な生存本能を感じないんですよね。

楽しんで滑る、というのが果たしてオリンピックシーズンでも通用するのか?というのがわからないところです。

2回目ですから対応できるのかもしれない、けれど何回出てもオリンピックの緊張感で上手く演技ができない、という選手もいるんだよね。
カート・ブラウニングがその筆頭で、ストイコもそうでしたし、パトリックも。カナダ男子の呪縛ww


羽生君はまるで戦国武将のようで、家康のように自分が負けた時のひどい姿の絵を寝室に飾って戒めているかのように自分を常に叱咤激励しているわけですが、だからこそ合戦場(本番)で上手いくのではないかなと思います。

浮き沈みは大きいですけどねww

浮き沈みが大きいのはプルというよりヤグに近いんだよなあ。

ちなみにキム・ヨナもバンクーバー直後のワールドでは大自爆しましたし、よりによって自国開催でのGPFで真央たそに負けましたし、常勝だったわけではないんですよね。ただここぞのピーキングが凄かった。ちなみに性格は多分かなりキツイww


うん、ちょっとね。。。ネイサン君からパトリックとカートのかほりがしないこともないではない、とインタビューを見て感じましたww



以上です~。







プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

フリーエリア

検索フォーム

リンク

QRコード