銀色プリズム~フィギュアスケートメモ帳~

日々思ったことやフィギュアスケートやスポーツのことなどちまちまと。フィギュアスケートは主に男子シングルのこと:羽生結弦選手を応援していますが、他に好きな選手たくさん。アイスダンスとペアも好き。

夢見たものは。  



   夢みたものは ひとつの幸福
   ねがったものは ひとつの愛
 
   山なみのあちらにも しづかな村がある
   明るい日曜日の 青い空がある

   日傘をさした 田舎の娘が
   着かざって 唄をうたってゐる
   大きなまるい輪をかいて
   田舎の娘らが 踊りををどってゐる
  
   うたって告げてゐるのは
   青い翼の一羽の小鳥
   低い枝で うたってゐる

   夢みたものは ひとつの愛 


    「夢見たものは」 立原道造



羽生結弦 ~王者のめざした夢 めざす夢~(NHKウェブ)


「私は少なくともこの3年間、羽生選手が勝った時、その成績に満足して浮かれるような言葉を聞いたことがありません。そして納得がいかなかった時や負けた時、まわりのせいにしたり弱音を吐いたりしたのを聞いたこともありません。常に自分と向き合って勝負にこだわり勝利に執念を燃やしていました。」



「思えば、羽生選手は金メダルや優勝という自分の夢を、誰かのために滑るという思いを重ねることで、常に結果を出してきました。

その羽生選手が初めて語った「自分のために滑る」という言葉に、私は、彼が使命感から解放され「究極の夢」を追いかけようとしているのかなと思ったのです。」


「トロントでの取材の最後に羽生選手に質問しました。
スケートをしていて楽しい時は、と。

羽生選手は、「やっぱり練習している時です。まだまだできないことがありますがそれを含めて楽しいです」という答えが返ってきました。そこには、スケートを始めたばかりの少年のような笑顔の羽生選手がいました。

私はこの夏の異動でスポーツニュースの現場を離れることになりました。しかし、私にとってこの3年間は、フィギュアスケートという競技の奥深さ、ドラマ性、おもしろさを教えてもらっただけでなく、羽生選手とは何者なのかを考え続け、その姿勢にみずからの生き方をかえりみた贈り物のような3年間でもありました。

私は、羽生選手が自分のためにクワッドアクセルを跳び、そして、それが多くの人たちにとっての夢の実現になることを祈っています。」



松井さん、異動されるのですね。

最後に素晴らしい愛溢れる記事をありがとうございました。


羽生君って器用なようでいて無骨で一直線で強いのに繊細で気遣いで、

見ればみるほど飽きない人だなあと。


本当は、みんなこうなんじゃないかな。

小さい頃はある一面だけではなくて、自分の中にある多面性をリミッターかけずに発散して、
今日と明日と全然ちがうことを言っているのも当たり前だった。

でもいつしか防御策を身に付けるようになって、

勝つことに執念を燃やすこと、上手になりたいと執着することを諦めるようになっていくんだなあ。

羽生君はそんなことお構いなしに、

周りがどんなに「そんなことできっこない」と言っても

やっちゃうんだな。

うん、後日書くけど、そこんとこニジンスキーと同じなんだわ。




先日の高橋選手復帰の日経の記事では、やはり同じように「練習することが楽しい」と言っていましたね。

奇しくも同じことを話しているんだなあ。

今日職場でいろいろなお話を聞きまして(自分に関することではないです)、

異動で場所が変わり、非常に忙しい職場に勤めながら一応健康でいられること(人間ドックの結果がまだこない~汗)

毎日ワクワクする出来事があることがなんとありがたいことか。

私は正直救われていると感じています。
(正直な話異動してえええええ!)

こういう風に自分の好きな選手が今、現役選手でいてくれること、

そして自分自身の生活に彩りを与えてくれていることに本当に感謝の気持ちで一杯です。

ギリシャのじいじの解説に特に今日は涙です。。。。(絵子ちゃん本当にありがとう!)

「BBIの羽生君応援ブログ」より
解説者は77歳だった!ギリシャ語解説:羽生結弦平昌五輪EX



And now, the men's singles.
そして今、男子シングルをみていますが

-but above all else, always allow me to say we have to thank these amazing athletes,
全てを上回って何より、私達に幸福、そして悲しみ、

who give us the opportunity to share their happiness and sorrow,
言い換えれば彼らの夢そのものをシェアする機会を与えてくれる

n other words, to share their dreams.
この素晴らしいアスリート達に感謝しようではありませんか

A big, big 'thank you', because they make our lives more beautiful,
本当に本当に「ありがとう」何故なら、彼らは努力によって自分自身の限界を超えることで

through their own effort, by overcoming themselves.
私達の人生をより美しいものにして見せてくれるからです。






先日はバナーのことを色々書きましたがwww

ようは

「かつてのような圧迫応援、地蔵、拍手なしはもう勘弁!現役の終わりが見え始めているスーパースターと4年ぶりに復帰したベテラン選手、若手のホープ達がせっかく揃うのだから楽しく試合を観戦したい!」

それだけなんだよなあ。



練習が楽しいと言ってくれる期間なんてそんなにないですよね。

今シーズンを楽しみましょう!


PS:最後にこれを貼っちゃおう。今日見かけてうなずきまくりでした。
(自分ではなくもちろん羽生君について)
ウィンストン・チャーチルも同じことを言っていましたな。







※あまりに素晴らしい記事だったので出てきてしまいました(保存のため)。
コメント欄は閉じております。(語りたい方はどっか空いている記事に書いてくださいね)
※お休み中なのでランキングもお休み中です。






トラックバック

トラックバックURL
→http://mikandaisuki309.blog.fc2.com/tb.php/1366-9cd5bf75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

フリーエリア

検索フォーム

リンク

QRコード