銀色プリズム~フィギュアスケートメモ帳~

日々思ったことやフィギュアスケートやスポーツのことなどちまちまと。フィギュアスケートは主に男子シングルのこと:羽生結弦選手を応援していますが、他に好きな選手たくさん。アイスダンスとペアも好き。

【短くなら】ヘルシンキ大会でのお気入りの演技【書ける】  


フィンランドでGPS初戦のジンクスを破ったので全日本もいけるよいけるー!(場所は大阪)
ファイナルもいけるよいけるー!(場所は北米)
いえほんと,ブラックジョークのように書きましたが場所が。。。(口にしたくない)というのがあって心配はしているのですが、これは良い兆候なのかもです!
かつてはあの真駒内でも全日本で勝利しているのですからいけるよいけるー!
気になる事は気になるので、行ける時になるだけ近くの神社にお参りするつもり(´ω`人)
ソチオリンピックと平昌オリンピックの前にだけ言ったのですが、2試合とも素晴らしい結果になりましたので~。

舌の根も乾かぬうちに!ですが、あと何回あるか不明なせっかくの羽生君が出場した試合ですので、他のお気に入りの演技を。
そう、動画を貼って一言なら書けそう。長文になるからいかんのだよ。



春よ来い

HD. Yuzuru HANYU 羽生結弦 EX - 2018 Grand Prix Helsinki,FIN(figure skating 2014様)

人であって人でないような

この世の者ではないかのような美しさ。。。こんな美しさを出せるのは羽生君だけでしょう。

大きなリンクで滑る春よ来いはさぞかし美しいでしょうなあ。

そうか、秋(オトナル)、冬(オリジン)、春(春よ来い)なんですね。

さいたまワールドで満開の桜をリンクに咲かせる羽生君の姿を見たいです。



ピアノ・レッスン

Kaori Sakamoto 2018 Helsinki FP B.ESP(tami bear様)

じ、実は昨年のスケアメから。。。。いや、長岡のDOIでかおちゃんを見た時からでしょうか。。。今一番のお気に入りの日本女子選手です。
ちなみに2016長岡DOIでは席を埋めるために?座ったと思われる地元のフィギュアを初めて見たおじさん達が一番沸いていたのが、かおちゃんと紀平梨花ちゃんと島田君でした。
うん、初見の方の方が感性が鋭いとおもふ。
メロディーに合わせてスケーティングの緩急をつけられる独特の感性を持っていると思う。
凄く背が高いわけではないのですが、リンクでは大きく見えるんですよね、しっかりした体格と骨格だからかな(水泳をしていたからでしょうか、すごくしっかりした背中をしていますよね、まるで競泳の選手やミキティやヨナといった身体能力の高いフィギュア選手の背中のよう)。
シンクロの井村先生は迫力を出すために足に筋肉を付けさせるそうで、細ければ細いほどいいというわけではないんですよね。
メロディーに合わせて後ろにステップを踏みながら下がっていくところ、スパイラルの前に曲の盛り上がりに合わせてスピンするところ、そして何よりも3連続のスパイラルが神。
かおちゃんはリショーさんというコレオグラファーと出会ったんですなあ。
真央×タラソワ、ヨナ×ウィルソンのようになったらいいな。

プロトコルを見ると、興味深いことにかおちゃんのウィークポイントのように言われていたINとコレオで9点台が2つ出ています。ヨーロッパ系のジャッジはお好きな感じです。
今年の全日本は男子もですが女子もとても興味深いことになりそう。
さっとんは安定しているので盤石だと思いますが、ここにいきなり紀平梨花ちゃんが割って入るか??
ネペラ杯では140点台後半を叩きだしてるので、あとはメンタルでしょうか。

○2018ヘルシンキ女子FSプロトコル
http://www.isuresults.com/results/season1819/gpfin2018/gpfin2018_Ladies_FS_Scores.pdf



ステブキ

Александра Степанова / Иван Букин. ГП Финляндии 2018, РТ(мой канал様)

こちらもいきなりPCSが跳ね上がったステブキww
いや上手いのです、ですが昨シーズンから劇的に上達したのかと言われれば??
やはりボブソロがほぼ引退状態でロシアの1番手になったというのが大きいかなあ。
オリンピック後、特に平昌後は正直ソルトレイク以降新採点が導入されたころから活躍していたスケーターがほぼ一斉に引退したので、各国で一番手の総入れ替えがあったせいか顕著であります。
アイスダンスはいまだ小国(北米、ヨーロッパの伝統国以外の国)の選手が台頭するには相当な才能と良い環境にある選手でないと難しいのではと感じます。
(正直アイスダンスこそアメリカ、ロシア、カナダ、フランス(古豪)、イタリア(古豪)くらいしか表彰台に乗っていないイメージ)


※ペアは見ていないのであった。ヘルシンキがひと段落したので、今度こそしばらくアデュー!と言っても一週間後には羽生君がロシアに登場で祭になるわけですがw
NHK杯は特に夕方からあるカテゴリーはがっつり見ると思いますが、感想を書くかは未定です。







フィギュアスケートランキング






トラックバック

トラックバックURL
→http://mikandaisuki309.blog.fc2.com/tb.php/1430-768ae1a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

フリーエリア

検索フォーム

リンク

QRコード